実際に副業できるのかどうか

IT業界の発展スピードに反して、優秀なエンジニアの人材が不足しているため、求人数は安定的にあります。エンジニアとして働いている人の中には、副業に魅力を感じている人もいるでしょう。しかし、本当に、本業以外に仕事を始めてもいいのでしょうか。勝手に始めて職場にバレてしまい、クビになるのは本意ではないはずです。情報漏えいの心配があるため、はっきりとエンジニアの副業を禁止している企業もあります。

実際にダメかどうかは、就労規則を確認することで判断できるでしょう。副業について書かれている項目をチェックし、許可されていれば始めることが可能です。就職の際に就労規則は渡されるはずですが、貰っていない場合には企業に請求できます。法律により企業は従業員に対して、就労規則を周知する義務があるからです。ただし、副業についての項目がなく、就労規則に何も書かれていないなら勝手に始めていいというわけではありません。暗黙の了解が受け継がれ、明記されていない可能性があります。

また、経営陣に副業を行う概念がない場合があるでしょう。年齢が高い経営陣ほど、本業以外の仕事が常識ではなかった時代を過ごしてきているからです。ダメだと言われることを恐れて勝手に始めようとする人もいますが、それはトラブルの元でしょう。情報漏えいなどが実際に起きた時、疑われてしまう可能性があります。そのため、職場に確認して許可を得て副業を始める方が安心です。